南都 六 宗 - 🙂 - pagoselectricaribe.facture.co

南都 六 宗 南都六宗_百度百科 - baike.baidu.com

南都指奈良时代的京城所在地平城京(又称古京,即奈良)。六宗系指三论、成实、法相、俱舍、华严、律六宗。此六宗为别于平安时代在京都(即平安京,又称为新京或北京)兴起的天台、真宗两宗,故称南都六宗,或称古京六宗、南京六宗。

南都 六 宗 南都六宗_360百科

南都六宗,指于日本奈良时代(710~784)兴起的宗派总称。南都指奈良时代的京城所在地平城京(又称古京,即奈良)。六宗系指三论、成实、法相、俱舍、华严、律六宗。

南都 六 宗 南都六宗_南都六宗介绍_历史知识_词典网

南都六宗对日本佛教影响极大,平安时代逐渐衰落。 词语分解: 南都的解释.地名。 东汉 光武帝 的故乡在 南阳郡 ,郡治 宛 在京都 洛阳 之南,因称 宛 为 南都 。在今 河南省 南阳市 。 汉 张衡 有《南都赋》, 李善 注引 挚虞 曰:“ 南阳郡

南都 六 宗 南都六宗 - 佛教哲学大词典 -

南都六宗是谓以南都七大寺(东大寺、兴福寺、元兴寺、大安寺、药师寺、西大寺、法隆寺)为中心所从事研究的宗派。 东大寺虽已成立六宗,但自大毘卢遮那佛(大佛)造立后则变成华严宗为中心。

南都 六 宗 南都六宗 - Wikipedia

南都六宗(なんとろくしゅう、なんとりくしゅう)とは、奈良時代、平城京を中心に栄えた日本仏教の6つの宗派の総称。奈良仏教(ならぶっきょう)とも言う。 三論宗(さんろんしゅう、中論・十二門論・百論) - 華厳宗や真言宗に影響を与えた

南都 六 宗 南都六宗とはなんですか?南都六宗の意味

南都六宗とは、奈良時代の仏教の代表的な六つの宗派をさします。 南都は奈良の平城京のことです。これに対して京都の平安京は北都と呼ばれていました。 六宗はろくしゅうとも読み、宗は衆、学僧のグループ、学派という意味です。

南都 六 宗 日本佛教_百度百科 - baike.baidu.com

日本佛教 南都六宗 奈良时代(645-794),佛教主要的宗派有六家,即:三论、法相、成实、俱舍、律宗及华严。 三论宗初祖为高丽僧慧灌,于元兴寺大弘三论(625),这是日本宗派佛教的开始。

南都 六 宗 南都六宗とは - コトバンク

六宗の成立以前に華厳宗を除く五宗が成立していたことは,718年(養老2)10月の太政官符に〈五宗の学,三蔵の教〉とあることからもうかがわれ,藤原氏祖先の伝記である《家伝》(鎌足伝)も藤原鎌足が飛鳥元興(がんごう)寺に五宗の研究の費用を寄付したと ...

南都 六 宗 南都六宗 - 新纂浄土宗大辞典

なんとろくしゅう/南都六宗. 奈良時代に成立した、三論・ 成実 じょうじつ ・法相・ 俱舎 くしゃ ・律・華厳の六つの宗。国家仏教として公認された宗である。「なんとりくしゅう」ともいう。

南都 六 宗 南都六宗 - 维基百科,自由的百科全书

南都六宗,是日本 奈良时代在奈良(平城京)兴起的六个佛教宗派的合称,又称古京六宗、南京六宗、奈良佛教,与平安时代在京都兴起的天台、真言两宗相区别 。 六宗指华严宗、律宗、三论宗、法相宗、成实宗与俱舍宗。




2021 pagoselectricaribe.facture.co